車を手放すという選択 ガリバーフリマを使ってみた!

 今回私は、投資のための固定費見直しのため、考えに考えた上で、車を手放すことにしました。今回は、その際利用したサービス「ガリバーフリマ」(旧クルマジロ)を使うに至った経緯や利用してみての感想、仕組みついて記事にしてみます。

 

 私の車の年式は08年式と古め。排気量1,500㏄の普通車で、走行距離も90,000kmを超えました。車は移動するために、乗れればいいと思って乗っていました。

 まず初めにガリバーの店舗に車を持って行ったところ、下取りだと価格は5万円と言われました。うーん、まあそんなもんだよなと思いつつも、翌週次のお店へ。次は、車買取のアップルに持っていってみましたが、たいして金額は変わりませんでした。

 

 まあそのぐらいだろうなと予想はしていたものの、なにか別な手段はないかなと思い、メルカリやメルカリアッテ、また、ジモティーなどのフリマアプリでそもそも車は売れるのかどうかを調べてみました。調べると、不可能ではないものの、店舗や業者さんによる出品が多く、個人の利用者がまだまだ少なそうだなという印象と、車の名義変更や申請などを個人で行うため、手続きで非常に面倒そうなことが多く、始める前に断念しました。

 

 ネットサーフィンして、いろいろ調べているときに、偶然見つけたものが、ガリバーフリマ(旧クルマジロ)というサービスです。

以下、ガリバーフリマ公式サイト

https://gulliver-frima.com/より引用。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ガリバーフリマは、中古車個人売買なので車両価格に税金(消費税)もかかりません。出品、落札者様がご心配される代金の授受から名義変更まですべてガリバーが仲介に入りますので安心です。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

私が感じたメリットは、

・下取りよりも、高い金額で売ることができる

・ガリバー店舗に直接車を持っていくことで、ガリバーで見てもらったというお墨付きをもらえることと、出品の手続きをやってもらえて、自分でやる手間が省ける(1時間半程度で手続きは終わりました)

・車を手放す際に起こる名義変更などを全てガリバーに任せられる

 

デメリットは、

・通常の下取りよりは、手続きが面倒

・出品してからは、購入したい人と、コメントのやり取りをする必要がある

・すぐに手放せないし、いつ売れるかわからないため、急いで手放ししたい人には不向き

 

というところです。

 

 私の場合は、4月末に出品を行い、実際に落札されたのは8月上旬で、約3ヵ月間かかっています。それを長いとみるか、そのくらいならまあいいいかと思うかは、人それぞれですよね。

 私はちなみに、もともと30万で値段付けていましたが、最終的には値下げをして「20万円」で売買成立しました。

 

 利用してみて、仲介しているガリバー(株式会社IDOM)(コード:7599)はどこで利益を得ているかというと、出品者、購入者から受け取る手数料です。売れた金額のうち、出品者から約1割、落札者から約1割、合わせて2割の手数料を取るというビジネスモデルです。

 今回の場合だと、20万の購入金額のうち、4万がガリバーの利益、16万が出品者の利益となります。価格帯に幅があり、金額によっては4割の手数料を得ることもあります。

ちょっと取りすぎ。。。!?

f:id:sym-path:20170813120514j:plain

手数料について | クルマの個人売買なら「ガリバーフリマ」

 

 こんなサービスを始めてしまうと、自分で自分の首を絞めることになるのではないかと心配になりますが、ガリバーさんの意図はあくまで「未成約顧客」へのアプローチとして、これまで逃していた顧客を、ガリバーフリマへ誘導促進するという意図があるんですね。また、下取り時にガリバーフリマも併せて検討するという選択肢があることで、売るときに持っていくときのファーストチョイスになりやすいというメリットもあるのではと考えます。何より来店客数が増えて、顧客とコンタクトを取るチャンスがあるというのが、ガリバーにとっての最大のメリットではないでしょうか。

f:id:sym-path:20170813120734g:plain

決算説明会資料 - IR情報(IR資料室) | 株式会社IDOM

 

 こうやってみると、IDOMがガリバーフリマを始めた理由が理解できますし、車の流通のインフラになってすべてを取り込んでいこうとする意気込みを感じます。守りではなく、攻めの施策ですね。CtoCが盛んになる昨今ですが、今後ますます利用は増えていく予感がします。

 

 今後のやり取りの経過についても、またこの場でお知らせします。

 今回、自動車を手放すことでできた資金は、投資に充てたいと思っています。今後は、カーシェアやレンタカー、公共交通機関、タクシーを活用していきます。